~* のんびりと 日々想記 *~

創作絵 シルフェイド関連絵 イース関連絵 その他の絵

~*スポンサーサイト*~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~*~* ヴェネツィア回想 *~*~
写真に手を入れまくり。描き込むうちにゴンドラが見えなくなった(汗)
こんな風に晴れた日に歩いてみたかった。

 話題の『AQUA』、『ARIA』に手を出してみました。
漫画を買うのって、何だか久しぶりだったような気がします。
最近は『ぴくぴく仙太郎』(うさぎのお話♪)くらいしかレジに持っていってなかったかも(笑)
 以下ちょっとだけ所感。ネタバレは特にない筈ですが、先入観なしにこれから読みたいという方がいらっしゃったらご注意を。

 」の取り方に、引き込まれる漫画だなぁと思いました。
ほのぼのとして優しく、そして「郷愁」をかき立てるようなエピソード・小道具の扱い方はもちろん、灯里ちゃんという純粋でひたむきなキャラも魅力的なんですが。
もう何というか……はっ、とさせられるような「間」が好きになりました。
これはちょいとはまりましたです。まだ全部買ってないので続きが楽しみです。
現在のところ最大の疑問は、アリアカンパニーの社員が2人以外に見当たらないことだったり!
そんなこんなで……
------------------------------------------------------------------------------------------

 ↓サン・マルコ寺院と広場。鳩がいっぱい!確か今にも泣き出しそうな空模様でした。
2006.04.18-2.jpg 性に懐かしくなって、イタリアに行った時のアルバムを引っ張り出してみました。
当時はデジカメではなく普通のカメラ所持だったので、日付がバッチリ印字されていたのですが……よーく見て愕然。
丸ン年前ってアワアワ!
取り敢えず脛をかじらせてくれた両親に感謝しておくことにします(逃避)

2006.04.18-3.jpg ←ン・マルコ寺院』は11世紀のビザンティン様式で、福音書記者マルコに献納された寺院。正面入口はこんな感じで、精緻なモザイク画が素晴らしいのです。近寄るまでは普通ーに絵に見えます! 晴れた日には一層キラキラ輝いて見えるんだろうなぁ…。
2006.04.18-4.jpg
  れも作中で登場するドゥカーレ宮。→
白と淡紅色の大理石を組み合わせた外壁上部のモザイク模様がイスラムっぽい! 東西の様式が渾然一体となった、貿易国ヴェネツィアらしい壮麗な佇まいです。

 ェネツィアの建物の中を歩いていると気付くんですが…ちょっとたわむ感じで揺れるのです床が。
湿気や水気がひどいため、木の床などが 膨張←→収縮 するので遊びをもった造りになっているとか何とかそんな理由だったような…(当時「なるほどなるほど!」と思いつつ聞いていた割にうろ覚え)

2006.04.18-5.jpg ←め息橋』。写真右のカットした部分に写り込んでいたのは私の指であって、何か別のモノである筈はないのです(笑)そうあの形は指に違いない…何しろ丁度よくゴンドラが来たので慌てて撮ったのです。

右側にある牢獄は、その用途として使われなくなった今でも暗くて寒くて寂しいところでした。
あんなに小さい窓越しに見るからこそ余計に、溜め息と共に眺める最後の景色は、収容されていく人達の目に痛いくらい焼き付いたのではないかと。あの橋を渡りながらそんなことを思ったりもしました。

 と思い出したのは、ヴェネツィアって本当に迷宮みたいだったなぁと。
水路と一緒に建物の間を縫うようにはしる狭い路地、少し歩いてみると小さな広場みたいなのがあって急に視界が展けたり、じっくり散策してみれば、きっといくつも驚かせてくれるに違いないです。(ただ自分は迷子に注意!)
『ARIA』は、ヴェネツィアのそんな部分も不思議に楽しく表現してくれていますよね^^



★4月19日に追記★
2006.04.19.jpg う一つ手を加えてみました。ゴンドラの漕ぎ手をウンディーネに描き替えてしまおうと思っていたのになぁ。(上手くいかなかった様子)
結局おじさんのままですっ。


コメント返信≫≫

ゾロアスター教っていうと『炎崇拝』しか覚えてなかったりします!
アンリ・マンユっていうと某目玉の『アーリマン』しか思い浮かばなかったりします!

●若いのより老いたの
それはなかなかツウなご意見ですね^^
やっぱり年を経た分だけ丸~くなって味わいも出てくるのでしょうか。
私も猛烈に欲しくなってきてしまいましたよ…!
●イース
完全版、実はつい最近買ったばかりだったりします!
PC-98時代からは想像もつかないような進化っぷりに思わず涙が…(ToT)
プレイしてると小学生か中学生辺りに戻ってしまいそうですよ(飽くまで気分だけ~)
私も1・2ではルタ好きです♪
6では懐かしのラーバ爺さんがいいのです。学者もスキー。



Comment


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2006/04/19/Wed 06:29[EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2006/04/19/Wed 23:46[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 2006-2015 空想観測所. saya all rights reserved.
このブログに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載…は、誰もしないと思いますが一応禁じます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。