~* のんびりと 日々想記 *~

創作絵 シルフェイド関連絵 イース関連絵 その他の絵

~*~* 緑に 安息を *~*~
新井素子・著 『 グリーン・レクイエム/緑幻想 』 の言葉に寄せて。
緑 幻 想
……自分は、そうなれるだろうか?



 創元SF文庫 刊
グリーン・レクイエム/緑幻想
 れもかなり前から気になっていた物語でした。
『 グリーン・レクイエム 』 と 『 緑幻想 』。

元は別々に刊行されていたこの二つのお話が、一冊にまとめられて新装出版されており……もう迷わず買ってしまいました!
(続き物のお話なのですが、グリーン・レクイエムは1980年、緑幻想は1990年と、刊行年に10年のひらきがあります。今回初めて、一冊になったんだそうな。) 

 リーン・レクイエムだけなら、SFベースの切ない恋物語。
そこから発展して、緑幻想からは更に、重厚感ある深い深い物語へと進んでいきます。

『SF』というものに不慣れな自分にも、優しく易しく大変読みやすい、でもしっかりとしたSFでした。
そしてスケール……というより「懐」というか、内包するものがとにかく大きくて広いお話でした。
なんといえばいいのか、「ああそうか、そうなのか~」と納得した箱の外側を、またもう一つのおっきな箱が包み込んでいた……みたいな!(分かりにくい!)

 章は地の文がちょっと台本?ぽいなぁと感じる部分も多かったように思うのですが(緑幻想にて。)、グリーン・レクイエムの導入の描写が、なんだかものすごーーく心に響いたので、その余韻で突っ走って読み切った感もあります(笑)。

 全体を通して、登場人物達の 『 想い 』 が、心地よい空気になって行間に満ちてます。
 優しさや愛情はもちろん、恨みや憎しみ、妄執の感情ですら、ある意味心地よい空気として。

SF好きな方、そしてSFを読んでみたいな~と思っている、自分のような初心者の方!
あと植物がお好きな方にも!
おすすめですよーーー ヽ(^ー^)ノ


Comment


Track Back
TB*URL

Copyright © 2006-2015 空想観測所. saya all rights reserved.
このブログに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載…は、誰もしないと思いますが一応禁じます。