~* のんびりと 日々想記 *~

創作絵 シルフェイド関連絵 イース関連絵 その他の絵

~*~* 天使と悪魔 みてきました! *~*~
天使と悪魔!
 日は水曜日、映画館のレディースデイ!(お得な日)
天使と悪魔 』 、見てきました。

前の『ダ・ヴィンチ・コード』も好きな内容でしたけど、今回の方が絵的に大興奮のものが多くて目の保養になりまくりでした!
なんといってもイタリアはローマですよ、ヴァチカンですよ~。


↓以下感想みたいなものです。ネタバレも含むので隠しておきますね。
----------------------------------------------------------------
●超厳重に保管してある、世界にこれきりしか残ってないかもしれない稀覯本の一ページをヒロイン(っぽい位置づけの人)が破り取った瞬間、館内のあちこちから結構でっかい驚きの声があがりましたっ。
あわわわわわわわわわわわ……………………!!!!!! いくら一都市崩壊の危機が迫ってるとはいえ、いくら分野が違うとはいえ、研究者としてそれはどうなの(笑) あまりに思い切りの良すぎる破りっぷりが凄かったです! ある意味いちばん衝撃的なシーンだったかも!

●スイス衛兵隊さんの衣装ってやっぱりカッコヨスギル(^▽^)b☆
なんであのデザインにしたかなぁミケランジェロ先生っ。

●枢機卿さん方の衣装はいつも綺麗なレースが気になって仕方がありません。厳つい顔のおじいさまにひらひらレース……!

●ラファエロの名前がちょこっと出てきてイヤッホーでした! サンティっていったらウルビーノのラファエロさんしかいませんよウフフ!(←スクリーンの明かりに照らし出される怪しいニヤニヤ笑い) 

●これで終わるかな~、でも待てよ、まだ何かあるんじゃ……
というところでちゃーんとどんでん返しもあって、最後まで飽きずに楽しめました♪

----------------------------------------------------------------

 会・神殿・墓所なんかを巡るプチ・ローマ紀行みたいでしたウハウハ☆
数年前からずっと言ってますが、またイタリアに行きたくなりました!
学生の時に(親のスネかじって)ヨーロッパを少し廻ったんですが、いろいろな有名どころの教会の中でもサン・ピエトロ大聖堂のあの圧倒的なスケールは一線を画していて、思い出すだけでドキドキします。
言葉にすると陳腐になるけれど、その “ 空間に対する畏敬の念 ” というかなんというか。人によってはそこに神様を見たりするんでしょうね。

 今回もダ・ヴィンチ・コードの時と同じく原作読み終わってから見ようと思っていたのに、間に合わなかったのでした~。上巻だけ読んだ時点での鑑賞でした。
それでも、主要な登場人物が居なかったり設定がだいぶ変わっていたり……というところが目に付いたので、全部読んだ人にとっては、もしかしたらすごーく原作と違う映画になってるのかもしれません。

オチは分かってしまったけれど、本の方も読み進めるのが楽しみです(^ー^♪

ヴァチカンにある破壊されちゃ困る『芸術』の記述にラファエロの名前が抜けてたのが気になったけど……ラファエロのスタンツェをお忘れか! たまには……ラファエロのこと、思い出してあげてください……


拍手返信≫≫

>白夜さんへ
はいはい先生! 白夜さんが画面の前でニヤリとしてくれるかなーと楽しみにしながら置いてみました! 百万回保存ありがとうございまーす☆
背中を預けて一緒に立ち回れる戦友カップル大好きです。自分では素敵に甘いのが描けないので、いつも白夜さんのホットなアルナナには癒されまくりです……(^~^*)
いろいろな企画が同時進行でお忙しい&大変かと思いますが、アルナナ愛のエナジーで頑張ってくださいっ。応援してます(^-^)ノ
気ままに雑多に書き綴ってる当ブログ、楽しんでもらえているようで嬉しいです~。ちなみに液体窒素は多分もう一回くらいジュワッとすることになりそうです……!
(複数回の治療が当たり前らしく(T-T))
この世は因果応報、まるまるコピペ星人はきっといつか困ったことになるですよ! むは!!
……てことは今の自分のこのイボ状況も因果が応報してきているのか……うは!!

Comment


Track Back
TB*URL

Copyright © 2006-2015 空想観測所. saya all rights reserved.
このブログに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載…は、誰もしないと思いますが一応禁じます。