~* のんびりと 日々想記 *~

創作絵 シルフェイド関連絵 イース関連絵 その他の絵

~*スポンサーサイト*~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~*エル・グレコ展にも行ってきました!*~
 『 ラファエロ展 』 にてラファエロ祭り(脳内で大盛況)を堪能した後、たくさんの人が行き交う公園内のスタバで休息……しかし屋内の席が空いていなくて、天気は良いものの寒風吹きすさぶ屋外席にて軽くごはんごはん。13時頃だとやっぱりまだ混んでますね。ともかく人がいっぱいで、さすが都会だわぁ~と思いました。



目の前で二羽のカラスさん方もお食事していました。(写ってないけど)
片方が見張り、片方が食事、と、役割分担もしっかりしていて感心。

こちらをチラチラうかがっているようにも見えましたが……き、君たちのご飯には興味ないですから安心してください!



そしていざ 『 エル・グレコ展 』 へ!!

会場の東京都美術館の前にあるツルピカの球体。良いお天気だったのでとてもピカピカ。




エル・グレコっていうのは通称で、本名はドメニコス・テオトコプーロス。
ギリシャ出身なので、そのまんま、『 ギリシャ人 』 の意である 『 グレコ 』 さんと呼ばれたそうな。
マニエリスム後期の画家。引き伸ばされた人体表現が特徴。イリュージョニスティックな宗教画をいっぱい描いた。……と、このくらいの本当に簡単な基礎知識しか持ち合わせていませんが好きな画家のひとりです♪
マニエリスムは盛期ルネサンスの次の潮流ですね。バロックのひとつ前。盛期ルネサンスで築かれた調和と様式が、変動を始める頃。


またこんな撮影スポットがあったよ! 流行りなのでしょうか!?

うう~ん、ラファエロ展も良かったですけど、こちらの展示も良かったー!!
よくぞここまで集めてくださった、と感動です。
構図も筆致もダイナミック。カンバス上で混ざりあう絵具が生々しくて素敵♪ しかしすごいダイナミックドラマチックすぎて、『 無原罪の御宿り 』 がパッと見 『 聖母被昇天 』 に見えてしまって焦った!(笑)
 【 鑑賞中の心の声 】
 おおう聖母被昇天!→(キャプションを見る)→『 無原罪の御宿り 』→間違えたぁあああ!!
あとやっぱり宗教画は好きだなぁ~と思いました。神聖・厳かな雰囲気の絵が好きというのもあるんですけど、宗教画は読み解くべき主題がある程度決まってるのでなんだか安心するのです。図像解釈学なんかも好きですよ!

ラファエロ展よりも冷静に見ていたからか、周りで鑑賞している人達の会話もチラホラ耳に入ってきたのですが、中でも印象的だったのが

「 ヨハネはやっぱり格好良いよね 」「 うんうん、ヨハネはみんな格好良く描く 」「 イケメンイケメン 」
(※ここで言うヨハネは洗礼者じゃなくて福音書記者の方。)

っていうご婦人方の会話と

「 ジョジョだ…… 」 「 ジョジョ立ち 」

っていう若者達のコメントでした。

確かにヨハネの絵は美形の場合が多い、ような感じ……。レオナルドの 『 最後の晩餐 』 でも女性と見紛うばかりですし。(お陰で『ダヴィンチコード』ではマグダラのマリアとか言われていた。)十二使徒の中で一番若いからですかね??

ジョジョは私、あいにくと読んだことないんですけれども、



 つまりこういうことですかね!?

(ドを6回書いただけでゲシュタルト崩壊した!)


突発的に決めた東京行きでしたが、とても充実した一日でした♪
上野バンザイ!!

話題のスカイツリーもちょろっと見えた!




拍手返信≫≫

>teraさんへ
はい、ラファエってます! 私の中で熾火のように燻っていた情熱が甦って燃え上がりました!!
卒論でいろいろ大変だったことも、良い思い出ですよね~。あの展開では、先生も指導に苦労したことでしょう! しかし「でふ」だとすごく和んでしまいそう(笑)。これはあなたの意見でふね!!
ラファエロの本はとにかく少なくて泣けます……レオナルド先生やミケランジェロ先生のはあんなにいっぱいあるのに……この空しいほどの格差にはもう学生の頃から慣れてますけど……(;ー;) 今回の展示を期に、関連書籍が増えてくれると嬉しいのですが!
複製画、母にとても喜んでもらえました♪ 金縁の額も絵にぴったりなんです!

Comment


Track Back
TB*URL

Copyright © 2006-2015 空想観測所. saya all rights reserved.
このブログに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載…は、誰もしないと思いますが一応禁じます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。