~* のんびりと 日々想記 *~

創作絵 シルフェイド関連絵 イース関連絵 その他の絵

~*伊豆の旅 その2*~
 いや~、もう1月も最終日とか。早い。早すぎます!
昨年12月末頃に12年ほど勤めた職場から離れて、のんびりモードでブログ更新も捗るかと思いきや、マイホーム取得のための調べ物やら何やらに夢中になり、PCに向かっていても検索ばかりしているという……。出産前の余裕がある時に、いろいろと落ち着いて探したり調べたりしておきたくてですね。ウン千万単位、一生に一度のお買い物ですからね!
身の丈に合った範囲(超重要)で、いいおうちが手に入るといいなぁ~。

------------------

 と、いうわけで、(どいうわけだか)…………
 だいぶ間があいてしまいましたが(^^ゞ 昨年12月の伊豆旅行記の続きを綴っていきたいと思います!

------------------

★ちなみに一日目の記事はこちら★

 朝ご飯をお腹いっぱい食べて、名残惜しいですがお宿を後にすることに。二日目の天気はあいにくの曇り空……というか、雨がポツポツ……。
しかし宿の人によると 「 ここは山なので、少し下ると天気が好転することもありますよ 」 とのこと。せめて雨が上がりますように~と思いつつ、車を走らせます。(つれあい殿が。) しばらく走ると確かに! 雨が止んでくれましたー!! 空には雲がいっぱいで、多少晴れ間があるくらいでしたが、雨さえ降らなければもうOKOK!(^▽^)b

 この日はまず、修禅寺へ。紅葉が始まっていましたよ。
20151202-26.jpg

20151202-27.jpg
手水舎の龍神さんの額に、ちょうどよい具合に紅葉ひとひら。

20151202-28.jpg
天気が良かったら、もっと綺麗に見えたのかな~。残念!

 日頃の感謝と、とにかくお腹の中の子が無事に育って産まれてきてくれますように! と、お祈りしてきました。
つれあい殿が安産のお守りを買ってくれました♪ 可愛い♪♪
20151202-45.jpg
 後日談:このお守りと入れ替わるように、先に母親から貰っていた安産のお守りを紛失してしまいました(ToT)
 旅行から帰ってきたら、見当たらなくて……。自分のウッカリっぷりに、ガックリしました~。
 自分のミスではありますが、もしかしたら何かの身代わりになってくれたのかもしれず……。なくしてしまったお守りに感謝です。

 修善寺温泉街も、ちょこっと散策。
竹林の緑と紅葉の赤が織りなす風景を眺めて癒されたり、民芸品屋さんを覗いたりして、楽しみました。

20151202-29.jpg
所々に、あったかい温泉が! ほっかほか、気持ち良か~~~~(^~^*)

 修善寺温泉街を後にして、お次は伊豆高原方面へ。
まず向かったのは……『 大室山 』! ここがもうとにかく、怖かった。

長くなってきましたので追記に続きます!



★参考資料★ Google先生の画像検索結果画面
↑これをご覧いただくと、お分かりいただけるかと!!!!

大室山、山頂部分が凹んでいて深い窪地になっていて、その周囲を遊歩道がぐるりと一周しています。途中には安産のお地蔵さんがいらっしゃって、この遊歩道を歩ききると安産祈願になるという情報が。よーしおかあちゃんはりきってまわっちゃうぞーヽ(^v^)ノと思っていました。軽~く思っていました。その場に立つまでは。

 ……いや、もう、とにかく、やばかったです。やばかった。
リフトで登るのですが、途中で写真撮る余裕なんてカケラもないくらいにやばかった。
高い! 木が無いからなんかもう見通しが良すぎてダイレクトに高さが実感できて怖すぎるんですけど!!!!

精一杯の一枚。
20151202-30.jpg

頂上は、下よりも風が激しくてびょーーーびょーーーーーー吹き荒れているし、なんか、遊歩道はあるけど手摺りないし、柵もない! 右にも左にも寄る辺なくて落っこちていきそうで、もう、死ぬかと思いました。おそろしさのあまり、ぺたーんと座り込むくらいに衝撃を受けました。これ、一周するの無理なんじゃないか私/(^O^)\

無理かも、駄目かも、とブツブツ呟きつつ腰抜かし状態の私に 「 大丈夫大丈夫(^^♪ 」 と言うつれあい殿。
なんか結婚前にもこんなことがあった気がする……。

↓死ぬ死ぬ言いながら渡った吊り橋。
20151202-46.jpg
ここもやばかった。


 結局、手を繋いでもらって、なんとか一歩を踏み出したのでした。

がんばる。これを乗り越えて強い母になるのだ!!
(膝ガクガク)

吹き荒ぶ風にも負けず、高所恐怖症にも負けず、落っこちないよう繋いでもらった手を握りまくって必死に一歩一歩、歩みを進めて……無事に一周できました。お地蔵さんに安産祈願もできました。ああ、良かった。落ちなくて良かった。死ななくて良かった。本気で死ぬかと思った。
降りのリフトも怖かったですが、頂上お鉢回りに比べれば余裕でした!

※この恐怖心は、私に軽い高所恐怖症の気があるのでそう感じるだけで、普通の人は多分平気なのだと思われます。つれあい殿は余裕綽々でしたし……何故なんだ……。

そうして私を強くしてくれた大室山を後にし、そのすぐそばにある 『 伊豆シャボテン公園 』 へ。
露天風呂に入るカピバラが有名な、動植物園です。

しかーし! カピバラさんを写真にいっぱい撮ろうと思っていた矢先に、カメラのバッテリーが切れました!
こんなこともあろうかと……と鞄から取り出した予備バッテリー……でしたが……まさかの充電されてない状態!!!!
アホ、私のアホ!!!!

そんなわけで、シャボテン公園の写真は少ないですorz
いろんな種類のサボテンや、可愛い動物たちもたくさんいて、撮りたかったんですけどねぇ……。
スマホでも撮れますけども充電が切れちゃうと困るので、カピバラさんに集中することにしました。

そんな中、お猿さんが近くに来てくれたのでパシャリ……
20151202-31.jpg

20151202-32.jpg
ぐいっと近寄ってみたら逃げられました! こんな感じで、いろんな動物たちとの距離が近い!

サボテンや動物たちをまったりと眺めつつ、メインのカピバラ露天風呂が始まるのを待ちます。
20151202-33.jpg

露天風呂タイムが近付き園内放送が流れると、どんどん人が集まってきて、露天風呂の周囲には黒山の人集りが!
この日は平日でしたし、天気が微妙なこともあってか園内は割と閑散としていたので(笑)、そんなに人いたんだ!? みんな今までどこにいたんだ!?!? ってびっくりするくらいの集まりっぷりでした。

時間が来て、露天風呂にお湯が注ぎ込まれ始めました……
20151202-34.jpg
カピバラさん一家も、のそのそとやって来た!

20151202-35.jpg
お湯待ち中。

20151202-36.jpg
たまってきた……。

20151202-38.jpg
肩まで浸かりました!

20151202-37.jpg
気持ち良さそうー!! うっとり。

20151202-39.jpg
飼育員さんから、おやつに葉っぱももらって、みんなで美味しそうに食べていました。
あったかいお風呂に浸かりながら美味しいおやつ、うらやましい~!

カピバラ露天風呂、見ているこちらも心がホッコリあたたまって、幸せになりました♪

シャボテン公園では露天風呂以外でも、すぐ間近でカピバラさん達を眺めることができますよ~。
20151202-40.jpg
家族でぬくぬく。

このぬぼーっとした感じがたまりませんね~。
20151202-41.jpg
すぐ目の前! 柵とかありません。餌やり体験やお触りもできるという素晴らしさ!

カピバラに癒された後には、サボテン狩りも楽しんできましたよ。
20151202-44.jpg
自分用お土産に買った柚湯カピバラ人形と、狩ってきたサボテン。ちいさくて可愛いのを選びました♪

20151202-42.jpg
サボテンバーガー(見た目普通のハンバーガーですが、サボテンが入ってます! 美味しかった!)をもりもり食べて、伊豆シャボテン公園ともさようなら。また子連れで来たいな~と思いました。

 お次は……

どどーん!!!!
20151202-43.jpg
その名も 『 伊豆のうさぎ 』 さんという、ウサギ好きのためにあるようなお菓子屋さんに立ち寄りましたー!
旅行前に、伊豆の旅雑誌で見掛けて、これは行かねばならぬと目を付けていたのです。

ああ……かわいい……うさぎかわいい……うさぎもりもり……



店内は、それはもう愛らしいウサギがいっぱいで、いっぱいで、テンション上がりまくりでした!
可愛いだけではなくて、美味しい! ウサギ美味しい伊豆! 
お土産をたくさん買い込んで、大満足でした(*^▽^*)

ああ、こんなお店で働けたら毎日しあわせだろうなぁ……でもそのうちに飽きるかな(笑)、なんて言いながら、帰途についたのでした。

楽しかった一泊二日の伊豆小旅行。出産前の良い思い出になりました♪
初めて行った伊豆は、是非また行きたいと思うようなとても良いところでした。
車での移動がたくさんありましたが、安全運転で頑張ってくれたつれあい殿に改めて大感謝です!

なんだかんだと長々しくなってしまった旅行記、ここまで読んでくださった方ありがとうございました~m(_ _)m

Comment


Track Back
TB*URL

Copyright © 2006-2015 空想観測所. saya all rights reserved.
このブログに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載…は、誰もしないと思いますが一応禁じます。